男性にとって重要な包茎手術を知ろう!包茎治療で悩み解消!

- 痛くない麻酔について

痛くない麻酔について

包茎手術をする時に、手術と一言で言ってしまえば簡単なことではあるのですが普通に考えれば自分のペニスの一部分を切除するわけですから痛みなどがあるのではないかと考えたら結構怖いですよね。
勿論、クリニックによっては痛みがある場合もありますし処置後で麻酔が切れた時に痛みが襲ってくるというような場合もあり出血したりする事もあって、きちんとした専門機関でないと中々怖い事もあるというのが実情なのです。
しかし、こう言った包茎治療の技術革新は今非常に目覚ましい物があって段々と痛みをより少なくていいように済む麻酔方法などが使われ始めているのです。

例えば、高い技術の麻酔方法の一つである物のやり方に基礎麻酔を使う事で本格的な麻酔を使う前の痛みを感じなくしてくれるというようなやり方を取っているのです。
ペニスの表面に噴霧するタイプの麻酔薬を使う事で、まずはペニスの表面の皮膚の感覚を麻痺させるものなのですね。
そして、そこからさらに深部冷却を行うのですが、これは麻酔を針で注射する前にペニスをジェルで冷却することによって、しっかりと内部まで感覚を麻痺させてくれるのです。
最後に、処置のために必要な麻酔を行なうのですがこれに関しても極細針を使用することによって注射時の痛みを減らしてくれるのです。
一般的に針は細ければ細いほど注射の時の痛みを感じにくくなるわけですからね。
ペニスは、特に神経が密集している器官の一つなので微細な痛みでも強い痛みを感じる事がありますからできるだけ痛みを感じないように麻酔によって表面からペニスの内部へと麻酔をかける事によって、かなり包茎治療の痛みを無くしてくれる、というような工夫をしてくれているのです。
更に、それだけではなくレベルの高いクリニックなんかだと包茎治療をするための麻酔を局所麻酔で行ってくれますので、入院などの必要もなく処置を終えればすぐに帰宅してもいいというのが嬉しいところですね。

  ← 前の記事:   次の記事: